大阪の家具工房GraceFurniture

 はじめまして。大阪のアンティーク家具とオーダーメイド家具の専門店『Grace Furniture(グレイス ファーニチャー)』へようこそ! 当店は洋書で見るような〝洗練〟されているのにどこか〝気楽さ〟を感じる空間づくりを応援するため、2014年4月・大阪にオープンしました。

 ヨーロッパ各地から仕入れる雰囲気のあるアンティーク家具をはじめ、フランスアンティークをモチーフにしたオリジナル家具、お客様の夢を叶えるオーダーメイド家具をご覧いただけます!こんなインテリアにしたい!あなたの夢を聞かせて下さい♪

 



  こんにちは、オーナー&職人&営業マンのリョウです!どうぞよろしくお願いいたします。 リョウは山口県は下関の生まれ、なんで大阪に家具屋さんを?わたしがGFをはじめたワケをちょこっとお話しますね。お時間がある方、もしよければお付き合い下さい。

≪大都会大阪で頑張る≫
 わたしは今は無き大阪外国語大学に通うため大阪にやってきました。恥ずかしいことに大学を中退し、飲食店に勤めたり営業マンをやってみたり、なんとか大都会大阪で暮らしていました。転機が訪れたのは24歳の時に就職したインテリアショップ「モビリグランデ」。アンティーク家具や輸入家具を扱うおしゃれなお店。ここで4年間を過ごし、インテリア業界でやっていくと決心しました。
 お店にやってくるお客様は、「来月結婚するんです♪」「春から子供が小学校に行くんだ!」「家を新築して新しい生活が始まるから、家具を新調したい」と。みなさんの生活にインテリアでひと花を添えて、これからの人生を幸せに過ごせるよう願う。こんないい仕事が続けらたらいいな。

≪独立を思い立つ≫
 多くのお客様とお会いするほどに、もっとデザインや材料、価格にこだわりたいと思うようになりました。自分が満足する商品企画、価格設定をするには、独立するしか道はありませんでした。ショップを退職し、木工技術を習得するために木工所に転職、独立に向けて一直線です!

≪Grace Furnitureをオープン≫
 そして今、ようやくお店をはじめることが出来ました。一人でも多くの方の人生に関わり、幸せを届けられるように頑張っていこうと思います。インテリアをお探しの時にはどうぞGFを思い出して、気軽にお問い合わせ下さい。

 

デザーナーズ家具GraceFurnitureのコンセプト

 Grace Furnitureは「くつろげる住まい」づくりを目指します。アンティーク家具がもつ〝落ち着いた雰囲気〟や〝愛用され使い古された感〟は、住む人に安心感を与えてくれます。また南フランス特有の〝こってりペイント〟された家具をモチーフに、やわらかく温かみを感じさせてくれるオリジナル家具をデザインします。

 でも、インテリアによる雰囲気づくりでは「本当のくつろぎ」を実現するには足りないと思っています。住む人が自由な気持ちで、毎日を楽しく過ごすには…。それを探りながら、足したり引いたりしながら、GFは日々成長していこうと思います。

 

大阪のお手頃オーダーメイド家具店

 オーダーメイド家具ってどんなイメージでしょうか?高そう…?時間がかかりそう…?オーダーしなくても色々な家具売ってるし…。確かに、その通りです!大企業が海外で大量生産する家具には価格では勝てません。お客様の希望を聞いて、図面を書いて、材料選んで、ようやく製作開始…時間もかかります。ネット上には星の数ほどの商品が並び、自分の欲しいものを選ぶのも大変なほど。

 でも、オーダーメイドって素敵なんですよ。ただ商業商品を手に入れるのではなくて、人生の一部になるような〝掛け替えのないモノ〟を作るのがオーダーメイドなんです。あなただけに必要で、あなただけに満足してほしい家具を、精魂込めて製作します♪お値段も、経費削減でかなり頑張っています。(ホントです!)雑誌やネットで見かけたあの家具、いくらで作れるんだろう…。お気軽にGFにメールして下さい!

 

大阪のパイン家具のこだわり

 GFでは、主に北米産ポンデローサパインを使って家具を作ります。パインとは松の木のこと、古くから世界中の住宅やインテリアの材料に利用されています。柔らかい木質でとても優しい肌触り。その反面傷がつきやすく、経年変化による反りや割れ、木繊維の収縮で板の継ぎ目が空いてしまうこともあります。節が多いのも難点と言われますが、敢えて節を活かすのも腕の見せ所。プラスッチックや合板とは違う、木の生命力を感じられます。

 時間が経つにつれて、表面についたキズはこなれて馴染み、だんだんと落ち着いた雰囲気を纏います。不意についた大きなキズや、お醤油をこぼしちゃったシミも、家族の思い出の1ページに。届いた時よりも5年後、10年後が楽しみになるのが、無垢の木の魅力です。もちろん表面を削り直せばきれいな木肌に生まれ変わります。長く愛していただいて、ゆくゆくはお子様に持って行かれてしまう、そんなかわいい家具がRyoの理想です。

 ポンデローサパイン以外に、節の少ないイエローパインや、木目の美しいオーク、アッシュなども選んでいただけます。お客様のご希望に応える材料を探しましょう!

 

環境対応の家具製作、エコな家具店

 Grace Furnitureは、環境に配慮した製造体制にこだわります。受注生産方式にすることで、過剰な商品供給をせず、無駄な在庫や廃棄品を出しません。家具を作る中でどうしても発生する〝オガクズ〟は大阪の農場に引き取って頂き、堆肥や家畜の床材として再利用しています。小さな木の〝端材〟はチップ化して、バイオ燃料や再生紙の原料として再利用しています。

 小さな家具工房の小さな取り組みですが、自分の手が届く範囲は、再生可能な事業運営にこだわりたいと思います。