当店で扱うダイニングテーブルはすべてオーダーメイド(受注生産)です。

 そのため選択できる要素が多く、何を基準に検討して良いか分からない方もおられるかもしれません。

 こちらのページでは、ダイニングテーブルを探す時のポイントになる5点をご紹介しております。

 

 

 

 

 

 天板の木材は、以下の4木種から選べます。それぞれに特徴があり、異なる雰囲気を楽しんでいただけます。

 ①パイン(松) ②ホワイトオーク(ナラ) ③レッドオーク(ナラ) ④ホワイトアッシュ(タモ)

 

 
●パイン材は、松の木です。柔らかく加工がしやすいため、古くから世界中で住居や家具の材料として使われてきました。丸い節がほぼ全面にあり、木材内部に松脂などの油分を多く含みます。柔らかいため傷がつきやすく、反りも起こりやすいですが、ひび割れはほとんど見られません。繊維内の油分が参加することで色が経年変化しアメ色に変わるとよく言われます。ペンキで塗装した場合は、木材の痩せによる塗装割れ、松脂が表面に出て変色するなどの減少が起きます。●ホワイトオークは、ナラの仲間です。硬く重く加工はしにくく、繊細な木目から応接室の壁や建具に使われるなど高級材として活用されています。節はほとんど見られませんが、あると逆にポイントになり素敵です。傷はつきにくく、反りも起こりにくいですが、まれにひび割れが発生します。ペンキで塗装には向かず、ペンキ塗装には類似種のレッドーオークがおすすめです。独特の色、木目を残したクリア色仕上げはとても素敵です。
 ●レッドオークは、ナラの仲間です。ホワイトオークよりも軽く柔らかく、加工がしやすいです。ホワイトオークよりもタケノコ状の木目がはっきりして見え、荒々しさがあります。節はほとんど見られません。ホワイトオークよりも、反り割れが起こりにくく、ペンキ塗装に向いています。オークの繊細な木目を活かしたグレーペイントにはこちらが適しています。ワックスやオイルの染み込みも良く、濃い目の染色にはこちらがおすすめです。  ●ホワイトアッシュは、タモの仲間です。日本のタモ材よりも白色が強く、黒い筋も見られずとてもピュアな印象です。硬く傷やつきにくいですが、少し反りやひび割れが出やすい印象です。レッドオークよりも更にタケノコ状の木目がはっきりと見られます。節はほとんど見られません。気そのものの色がホワイト~クリームといったとても薄い色なので、明るい色目のワックスやオイル仕上げが素敵です。

 

 

 

 様々かな形の脚から選ぶことができます。

 

ストライプ入りのターンドレッグ(ろくろ脚)真鍮製の靴を履いたシンプルなターンドレッグデコラティブなデザインのターンドレッグ太めのカントリー調ターンドレッグ(ろくろ脚)レッドオーク材の太いターンドレッグ(ろくろ脚)特注デザインのフランス家具風ターンドレッグ特注デザインの細長い国産ターンドレッグ
ずどっと太く、存在感のあるスクエアレッグシンプルさが魅力のテーパーレッグ(先細脚)先に向かった細くなる極細のテーパーレッグ32mm角の鉄枠で組んだアイアンレッグフレーム定番の19mm丸棒を使った4本脚アイアンレッグバッテンの入ったスクエアアイアンレッグ古い学校の机にも似た、特注デザインの棚付き鉄脚
    
オーク材のストライプ入りの太いターンドレッグ2000mm超の大きな天板を載せる太いろくろ脚直径1000mm超の丸天板を載せられる大型脚デコラティブなデザインのヨーロッパ調鉄脚A スタイリッシュな印象の飲食店向け鉄脚B安価でシンプルなデザインの1本足鉄脚S1400サイズの天板にぴったりの幅広鉄脚

 


 

 webサイト上では定番のサイズをいくつかご用意しておりますが、mm単位でサイズオーダーも可能です。

 

<1400mm>

コンパクトな4人掛けサイズ

<1600mm>

ゆったり使える4人掛けサイズ

<1800mm>

ぴったり6人掛けサイズ

<2400mm>

大きな8人掛けサイズ

 

 

 

 天板は通常、蜜蝋ワックス(BRIWAX)か、オイルステイン(Planet color)で仕上げます。

 脚は上記2種に加えて、南仏の色合Provence、多様なGRAFFITI PAINTも選べます。

 

蜂の巣や植物油から作る

イギリス製蜜蝋ワックス

耐久性の高く、自然素材100%

ドイツ製オイルステイン

南仏プロヴァンス地方の色合い

を再現した含石灰塗料

多様な色合いから選べる

さらりとしたVOCフリー塗料

 

【BRIWAX 蜜蝋ワックス】 
大昔から家具の仕上げに使われてきたもので、扱いやすく塗り足しも簡単ですが、反面水拭きや熱で表面のワックスが剥げます。
基本は乾拭き、汚れが付いた時は硬く絞ったみ水拭き、表面がカサついてきたなと思ったら塗り足しが必要です。
我が家のテーブルはワックス仕上げですが、うっすら色むが出て、表面がカサツキ、いい感じにアンティーク感が出ています。
あまり綺麗さを重視されない場合は、こちらおすすめです。

 

【Planet color オイルステイン】
100%天然素材で作ったドイツ製の塗料で、ワックスよりも耐久性があり、お手入れのしやすさは変わりません。
顔料を含んだ植物油を機の繊維に染み込ませて硬化させるので、耐水性が高く、色ムラも起こりづらいです。
基本は乾拭き、汚れが付いた時は硬く絞ったみ水拭き、表面がカサついてきたなと思ったら塗り足しが必要です。
ワックスよりも表面が濡れた感じに見えます。非常に実用性が良いです。

 

【ウレタン仕上げ】
表面をプラスチックの膜のようなもので覆うので、耐水性が最も高いです。木肌は感じられません。
艶消しのウレタン塗料を使いますが、ワックス、オイルステインにくらべて少しピカピカします。市販の家具に多い仕上げです。
衝撃や摩擦には弱く、使用の内うちにウレタン塗膜が傷つき、剥げてくることもあります。ご家庭でのお手入れは困難です。
届いた時は綺麗で耐水性もありますが、時間がたつほどに使用感が出てきて、補修ができないのが難点です。

 

 

 

 

 お好みで、引き出しを加えたり、幕板をアーチにしたり、足元のスペースを広くとったり。

 綺麗めなアンティーク風にしたり、汚れたブロカント風にしたり、ジャンクな材料を使ったり、お気軽にご相談ください。

 

カトラリーや雑貨を収納できる抽斗、

真鍮やガラス取っ手を選べます。

天板の下の幕板を、フランス家具調に

アーチ型に変更できます。

足元のスペースを広く取るために

幕板をえぐることもできます。

下地に塗った黒が少し見え隠れする

綺麗めなアンティーク仕上げ。

 

傷や汚れ(ワックス)を強めにつけた

使い古したアンティーク仕上げ。

 

パレット廃材を再利用した

ジャンクな風合いのテーブルも。